婚活サポート案内
トップ
結婚相談所ファニーキープス
独身社会人サークル
仲人の結婚相手紹介
安全安心の婚活アプリ
  コミュニケーションレッスン
  ベトナム国際結婚支援
無料パートナー紹介
無料結婚相談

結婚情報・CONTENTS
結婚相談所と結婚情報サービス
 の違い・源流
結婚相談所と結婚情報サービス
 の違い・業態比較
結婚相談所と結婚情報サービス
 
の口コミ情報(評判)
結婚相談所、結婚情報サービス
 
選びの落とし穴
結婚相談所、結婚情報サービス
 良くあるトラブル
結婚仲介業者の利用に対する
 国民生活センターのアドバイス
結婚情報サービスとローン会社
 との関係について
結婚相談所、結婚情報サービス
 選びのチェックポイント
結婚相談所、結婚情報サービス
 のサクラ会員とは?
結婚相談所、結婚情報サービス
 クーリングオフの方法
結婚相談所、結婚情報サービス
 比較サイトのカラクリ
インターネット型のお見合い、
 結婚紹介サイトのリスク

結婚情報・コラム
結婚情報サービス会社の営業
結婚情報サービスの出会い
結婚情報サービスで成功する人
結婚情報サービスの成婚率
結婚情報サービスの会員数

京都・横浜・新潟のハイレベルな結婚相談所ファニーキープスの婚活支援

結婚相手を「個人的」に
ご紹介させていただきます


低価格で安全な婚活をご提案

ネット婚活のリスクが気になる方へ

初めて婚活する初心者向きの
簡単な婚活方法

<結婚相談所と結婚情報サービスの違い・源流>



◎結婚相談所の起源と歴史

江戸時代中期には、すでに「慶安」と呼ばれる結婚を斡旋する
職業的集団が存在していました。
大和慶安という江戸木挽町の医師が医療よりも縁結びに力を
入れていたことに名前の由来があります。
人脈もありインテリで、地域の信望も厚い町医者は、縁結びに
ふさわしい存在だったようです。

明治時代に入ると、幕末から西南の役までの相次ぐ戦いで若い
男が減っていったり、地方から都会に人が流れ込んできた時代
背景を受けて、そういった商売が繁盛しました。
慶安では最初は雇用斡旋も行っていましたが利益が薄く、いつ
しか結婚斡旋に力を入れるようになったといいます。

本格的な結婚相談所の第一号が誕生したのは明治13年です。
大阪の山口吉衛門という人が、当局から許可をもらい「養子女
婿嫁家妻妾縁組仲媒取扱所」という看板を出したのが最初です。
「妾」という文字が入っているのは、当世らしく感じます。


◎結婚情報サービスの起源と歴史

現在の日本における結婚情報サービスのビジネスモデルの起源
は、当時の西ドイツで開発された「アルトマンシステム」に端
を発しています。

第二次世界大戦により国土のほとんどが焦土と化し、労働力も
失ったため、多くの移民労働者の力に依存してきた西ドイツで
すが、60年代に奇跡の高度成長を実現し、復興を成し遂げま
した。
しかし同時期、「離婚の急増」や「出生率の急激な低下」といっ
た問題が顕在化し、新しい社会のあり方を方向付ける施策の必要
性に迫られました。

強いドイツ、良きドイツをつくり、繁栄させていくための方法と
して、政府は「良きドイツは、良きドイツ国民が作る。良きドイツ
国民は良き夫婦から生まれる。」という仮説を立てます。
具体的には、官主導により「良き夫婦」となる結婚相手は科学的な
手法で見つけられるか否かという研究が、「適合性理論」で知られ
るハンス・ユルゲンス教授などの研究者に委託されました。
そこで出された研究成果を民間おいて事業化したのが「アルトマン
システム」です。

アルトマンシステム社は、開発したその近代的かつ合理的なシス
テムが、他国のおいても有効であるかどうかを知るべく海外進出
も検討しました。
そこで進出先の一つとして選ばれたのが、同じように戦後の焦土
から復興し、奇跡の高度成長を遂げた国、そして気質的にもゲル
マン民族と似た、実直さ、勤勉さを持った日本でした。
彼らは1970年代中頃、日本にマーケットリサーチのために進出
してきました。
結婚はその社会の気候、風土に大きく影響されるものだけに日本
への導入にあたっては、日本の風土や文化にマッチさせるための
改善作業に二年半を費やしました。
この時アルトマンシステムを日本においては「結婚情報サービス」
と総称し、初めてこの呼称が使われました。

その特徴は、入会された会員の膨大な登録情報を、コンピュータ
システムにより管理・分析し、マッチメーキング(適合性判断)を
行って、その中から最も適合するパートナーの情報をデーターによ
って紹介する、というところにあります。