婚活サポート案内
トップ
結婚相談所ファニーキープス
独身社会人サークル
仲人の結婚相手紹介
安全安心の婚活アプリ
  コミュニケーションレッスン
  ベトナム国際結婚支援
無料パートナー紹介
無料結婚相談

結婚情報・CONTENTS
結婚相談所と結婚情報サービス
 の違い・源流
結婚相談所と結婚情報サービス
 の違い・業態比較
結婚相談所と結婚情報サービス
 
の口コミ情報(評判)
結婚相談所、結婚情報サービス
 
選びの落とし穴
結婚相談所、結婚情報サービス
 良くあるトラブル
結婚仲介業者の利用に対する
 国民生活センターのアドバイス
結婚情報サービスとローン会社
 との関係について
結婚相談所、結婚情報サービス
 選びのチェックポイント
結婚相談所、結婚情報サービス
 のサクラ会員とは?
結婚相談所、結婚情報サービス
 クーリングオフの方法
結婚相談所、結婚情報サービス
 比較サイトのカラクリ
インターネット型のお見合い、
 結婚紹介サイトのリスク

結婚情報・コラム
結婚情報サービス会社の営業
結婚情報サービスの出会い
結婚情報サービスで成功する人
結婚情報サービスの成婚率
結婚情報サービスの会員数

京都・横浜・新潟のハイレベルな結婚相談所ファニーキープスの婚活支援

結婚相手を「個人的」に
ご紹介させていただきます


低価格で安全な婚活をご提案




<結婚相談所と結婚情報サービスの違い・業態比較>



結婚相談所と結婚情報サービスを比較して異なる点は、大きく分けると以下の通りです。
これは、一般的な結婚相談所と大手結婚情報サービスの違いです。


結婚相談所 結婚情報サービス
企業形態 小規模事業者が中心
約8割が個人事業主
各地に展開する営業拠点、データ処理システムなど大規模
会員数 単体では数人から数千人
ネットワークを形成することで数万人となる
単体で数万人と大規模
主なサービス お引き合わせが中心。お見合いのセッティングから成婚までをサポート コンピュータによるデータのマッチングで、双方が希望するお相手の情報を提供
副次的サービス きめ細かいアドバイスとサポート
お見合いパーティによる出会い
パーティ・イベントによる出会い機会の提供
主な料金形態 お見合い・成婚による成功報酬 提供データ・サービスへの課金
営業展開 口コミ、紹介、問合せが主体
受動的な集客
大規模な広告、テレアポなどによる積極的な入会促進
入会資格 入会に際し、条件を制限している場合が多い 入会条件は緩やか
特色 専任カウンセラーによる手作りの出会い
アットホーム
高成婚率
システムに基づき自主的に活動
気軽に利用
バックに大手資本


《結婚相談業・結婚情報サービス業の現状》

*市場規模  約500億〜600億
*会員数    約60万人
*事業者数  約3700〜3900社

これらは大きく三つの業態に分けられ、ビジネスモデルは全く異なります。

1.仲人・結婚相談型サービス
  お見合いのセッティングから成婚までをサポートする。
  個人運営の仲人業が多く、事業者数の約87%を占めている。
  地域密着型が多い。
    一般的に結婚相談所と言われます。

2.データマッチング型サービス
  会員のデータに基づいて、双方がマッチングする相手を紹介する。
  大手の結婚情報サービス会社がこれに当たる。
  大きく全国展開をしており、知名度が高い。
  一般的に結婚情報サービスと言われます。

3.インターネット活動型サービス
  インターネットで入会し、メールなどで会員同士が比較的自由に
  活動できる。
  身分証明書などの提出を求めないところが多く、出会い系サイト
  との区別がつきにくい。

また、最近は自治体の結婚支援も本格化しており、公的な結婚相談所の開設、お見合いパーティの
開催、といったなんらかの出会い事業を実施したり、結婚相談員の委嘱、男性向けセミナーの開催
といった支援体制を強化しつつあります。