インターネット型お見合い、結婚紹介サイトのリスクについて解説します。

婚活サポート案内
トップ
結婚相談所ファニーキープス
独身社会人サークル
仲人の結婚相手紹介
安全安心の婚活アプリ
  コミュニケーションレッスン
  ベトナム国際結婚支援
無料パートナー紹介
無料結婚相談

結婚情報・CONTENTS
結婚相談所と結婚情報サービス
 の違い・源流
結婚相談所と結婚情報サービス
 の違い・業態比較
結婚相談所と結婚情報サービス
 
の口コミ情報(評判)
結婚相談所、結婚情報サービス
 
選びの落とし穴
結婚相談所、結婚情報サービス
 良くあるトラブル
結婚仲介業者の利用に対する
 国民生活センターのアドバイス
結婚情報サービスとローン会社
 との関係について
結婚相談所、結婚情報サービス
 選びのチェックポイント
結婚相談所、結婚情報サービス
 のサクラ会員とは?
結婚相談所、結婚情報サービス
 クーリングオフの方法
結婚相談所、結婚情報サービス
 
比較サイトのカラクリ
インターネット型のお見合い、
 結婚紹介サイトのリスク

結婚情報・コラム
結婚情報サービス会社の営業
結婚情報サービスの出会い
結婚情報サービスで成功する人
結婚情報サービスの成婚率
結婚情報サービスの会員数

京都・横浜・新潟のハイレベルな結婚相談所ファニーキープスの婚活支援

結婚相手を「個人的」に
ご紹介させていただきます


低価格で安全な婚活をご提案

ネット婚活のリスクが気になる方へ

初めて婚活する初心者向きの
簡単な婚活方法

インターネット型お見合い、結婚紹介サイトのリスク 
結婚相手と出会える?
インターネット型お見合い、結婚紹介サイトのリスク



恋愛から愛を育んでゆくゆくは結婚を・・・と考えるのであれば
インターネット内で恋人・結婚相手を探すサイトを利用するのが手軽です。
「結婚」だけが目的ではなく「恋愛から結婚まで」幅広い目的で気軽にパートナーを
探すことができるのがこれらのサイトです。
インターネットの環境が整っていれば、昼夜問わず利用でき、携帯サイトでサービス
を行っている場合であればさらに便利です。

しかし、この手軽で簡単だからこそいろんなリスクも生じやすくなるのです。

利用の流れとしては、

利用手続きを行い、プロフィールを登録。
会員データベースから貴方の好みのタイプを検索し、どのようなお相手がいるのか
 を確認。

気に入ったお相手がいれば自己アピールを入れたメールを送り、メールのやり取り
 が行われます。


また、任意で写真を公開することもできるので、仲良くなったらお互いの写真を見せ
合うことも可能です。 その中で話が盛り上がればお会いする機会も・・


基本的な仕組みは、出会い系サイトとほぼ同じですが、まじめに結婚相手を探すと
いう建前が安心感を生むのでしょう。
実は、最近そこに付け込まれる事件が増えているようです。


【新聞記事より抜粋】
静岡中央署は29日、結婚を持ち掛けて信用させた女性から現金約200万円をだまし取ったとして、詐欺容疑で大阪府、解体作業員の容疑者(47)を逮捕した。
調べでは、同容疑者は2004年12月27日、「一流企業の課長」と称してインターネットの見合いサイトで知り合った静岡市の女性看護師(35)に「父の葬儀代が足りないので金を貸してほしい。香典で相殺できる」などとうそを言い、数回に分けて現金196万円を詐取した疑い。
静岡県内では同様の詐欺被害が数件あり、同署は関連を調べている。

<5月30日・スポニチ新聞より>
「結婚しよう」などといって、出会い系サイトで知り合った女性から現金をだまし取ったとして、警視庁大崎署は8日、住所不定、無職の容疑者(39)=別の詐欺容疑で逮捕=を再逮捕した。
調べでは、容疑者は平成19年4月ごろから20年3月ごろまでの間、元医師と名乗り、出会い系サイトで知り合った会社員の女性(37)に、「祖父が新潟で旅館をやっているが相続税がかかる。この件が片づいたら結婚しよう」などと偽って、十数回にわたって現金計675万円をだまし取った疑い。「金は生活費や遊興費に使った」と供述している。
容疑者は19年11月から12月にかけて、医者と名乗り、出会い系サイトで知り合った30代の女性から約600万円を詐取したとして4月に逮捕されていた。同署でさらに余罪を追及する。

<5月8日・産経ニュースより>
静岡県警清水署は十三日、自分を検事と偽り、結婚話を持ち掛けて交際していた女性から二百万円を詐取したとして、詐欺容疑で静岡市、無職の容疑者(53)を逮捕した。
調べでは、容疑者は昨年十二月二十五日、交際していた那覇市の女性会社員(37)に対し、「クレジットカードがスキミング被害に遭い、一千万円取られた。カード会社への補てんのため、一部を援助してほしい」とうそをつき、二百万円をだまし取った疑い。
容疑者は昨年十月に「静岡地検に勤める四十歳の検事」を装って携帯電話のお見合いサイトで女性と知り合い、交際を続けていたが、女性が同地検に確認の電話をして、うそが発覚した。

<5月14日・産経ニュースより>


なぜこんなことが頻繁に起きてしまうのかというと、
それは、インターネット型お見合い、結婚支援サイトの特徴にあります。

特徴1: 自力で勝負できる。
これらのサイトは結婚相談所と比較すると、アドバイザーがいるわけでもなく、相手を
紹介してもらえることもありません。
女性のプロフィールを見て、自らメールでアプローチしていく、出会いの場のセッティング、
結果のお断りなど全て自分で行うなど、アクションを起こすのは全て「自力」です。

ここの盲点は、
どんな方法で相手にアプローチしようが、接近を図ろうが、誰も監視していませんから
自由に行動を起こせるのです。
誰もわからないので、身分を偽り、嘘で固めたトークで手当たり次第にアプローチする
ことも可能だということです。簡単に騙される人がいても不思議ではありません・・

特徴2: 費用が手ごろ
「インターネットのみ」のサービスになるので、人件費や運営費などの経費がかからない
分、入会費用や月額利用費も安く済みます。

ここの盲点は、
費用が安ければ誰でも気軽に利用できますから、いろんな目的を持って参加する人が
いても不思議ではありません。
独身でなくても、結婚を考えていなくても、ひやかし半分でも大丈夫と言えます


特徴3: 自由に交際できる
仲を取り持つ人がいない分、自分の意志でお相手を選ぶことができますし、交際方法
も自由です。
メールのやり取りから交際まで自分の考えで進めていくことができます。

ここの盲点は、
ルールや決まりがないため、トラブルや事件となることが多々あります。
例えば、初めから結婚をチラつかせ、その気にさせておいて、深い関係になった途端
別れ話を切り出されたり、突然連絡が取れなくなったりというのは良くある話です。
上記のような犯罪に巻き込まれる可能性も無きにしも非ずでしょう。



インターネット上で知り合うことから、メールのやり取りが出発点というのは出会い系
サイトと変わりません。
もちろん、このインターネット型お見合い、結婚紹介サイトで結ばれるカップルもいる
でしょうが、常に「自己責任」という言葉の元に行動しないと、リスクばかり背負ってし
まい、結婚相手と巡り会うことはないはずです。