婚活サポート案内
トップ
結婚相談所ファニーキープス
独身社会人サークル
仲人の結婚相手紹介
安全安心の婚活アプリ
  コミュニケーションレッスン
  ベトナム国際結婚支援
無料パートナー紹介
無料結婚相談

結婚情報・CONTENTS
結婚相談所と結婚情報サービス
 の違い・源流
結婚相談所と結婚情報サービス
 の違い・業態比較
結婚相談所と結婚情報サービス
 
の口コミ情報(評判)
結婚相談所、結婚情報サービス
 
選びの落とし穴
結婚相談所、結婚情報サービス
 良くあるトラブル
結婚仲介業者の利用に対する
 国民生活センターのアドバイス
結婚情報サービスとローン会社
 との関係について
結婚相談所、結婚情報サービス
 選びのチェックポイント
結婚相談所、結婚情報サービス
 のサクラ会員とは?
結婚相談所、結婚情報サービス
 クーリングオフの方法
結婚相談所、結婚情報サービス
 比較サイトのカラクリ
インターネット型のお見合い、
 結婚紹介サイトのリスク

結婚情報・コラム
結婚情報サービス会社の営業
結婚情報サービスの出会い
結婚情報サービスで成功する人
結婚情報サービスの成婚率
結婚情報サービスの会員数

京都・横浜・新潟のハイレベルな結婚相談所ファニーキープスの婚活支援

結婚相手を「個人的」に
ご紹介させていただきます


低価格で安全な婚活をご提案

ネット婚活のリスクが気になる方へ

初めて婚活する初心者向きの
簡単な婚活方法


婚活サイトや婚活アプリで
出会えない方へ
結婚情報サービスとローン会社(クレジット会社)との関係について
知らないと後悔する!?

結婚情報サービスとローン会社(クレジット会社)との関係



大手結婚情報サービス会社に入会する場合は、入会時に費用の全額を支払はなければ
ならないケースがほとんどです。いわゆる前払いです。
事前に30万〜60万円位の大金を用意しなければなりません。
一括での支払いが難しい場合は、必然的にローンを組まされるようになっています。

ローンの仕組みを全く知らずに契約してしまう人は少なくありません。
ただ漠然と言われるままにローン規約の手続きを取ってしまうのです。
何となく月々の分割払いであればやりくりできるかな、くらいの感覚だと思います。

ところが、このローン契約がクセモノなのです。
ローン契約の仕組みを知らないと、後々泣きをみることも多々あります。
そうならないためにも少しだけその仕組みをお教えいたしましょう。

そもそもローンとは、借金をすることです。
ローン契約(クレジット契約)は、お客さんと結婚情報サービス会社とローン会社(クレジット
会社)との三者間契約となっています。
お客さんが入会するときに払う入会費用などの代金は、ローン会社(クレジット会社)がお客
さんに代わって結婚情報サービス会社に立替払いします。
肩代わりをしてくれているということです。
その代金は、お客さんがローン会社(クレジット会社)に分割払いで支払うことになります。

つまり、ローン会社(クレジット会社)にお金を借りて結婚情報サービス会社へ入会金を支払
ったことになるということです。
それを毎月ローン会社(クレジット会社)に利子を付けて返していかなければならないのです。
ですから、入会時のローン契約とはお客さんとローン会社(クレジット会社)との契約であって
結婚情報サービスはほとんど関知していないのです。
ここを多くの人は勘違いしていて、毎月払うお金を月会費と思ってしまうのです。

「サービスが悪いから会費は支払わない」と言ったところで、結婚情報サービス会社は痛くも
痒くもありません。
なぜなら、すでにローン会社(クレジット会社)を通じて、全額受け取っているのですから。
これは自分が借りたお金をローン会社(クレジット会社)に返さないということだけであって、
逆に、毎月の返済を怠れば、延滞金を加算して支払わなければならなくなります。
それでも支払いを拒否したり遅延すれば、ローン会社(クレジット会社)からしつこく督促され、
困るのは自分自身なのです。
納得できないからといってがんと返済を拒み続ければ、いづれはブラックリストに加えられ、
社会的信用を失います。へたしたら裁判に訴えられるケースさえあるのです。
こうなったら結婚どころではありません。

また、「上手くいかないから中途退会するので会費の返金してほしい」と要求し、仮に返金が
あったとしても、このお金は自分ではなく、ローン会社(クレジット会社)に返されるのです。
そして、ローン会社(クレジット会社)がその返金を残債で精算するだけなので、自分にお金
が戻ってくるわけではありません。
これも良く勘違いすることがあり、ローンを組むと「返金システムがあるから安心」といわけで
はないのです。

そして、ローン契約の特徴は、最初に36回(36ヶ月)の分割で契約をすると、たとえ12ヶ月
で中途退会したとしても、残りの24ヶ月分は毎月支払い続けなければなりません。
結婚が決まらず結婚情報サービスをやめてからも、借金の返済は残るということです。

他に注意することは、ローンの場合、通常の入会費用にローンの金利手数料(利子)が数万
〜数十万円も加算されてしまうということです。
入会費用が40万円なら結果的に50万円位の支払いになってしまうのです。
これを分割にすると、この費用の違いは大したことないように錯覚してしまいますが、トータル
でみるとかなり大きな負担となるはずです。

このようなローン契約は不安な要因にもなります。
まだ何もサービスを受けてない上に、本当に理想の相手が紹介されるのか、必ず出会える
のか、結婚相手が見つかるのかなど、全くわからないのに高額な費用だけ先に支払はなけ
ればならないのです。
それもローン会社(クレジット会社)から借金をするのです。
ローントラブルが多いのはそんな理由からかもしれません。

大金を先行投資して、結婚が決まれば安い買い物かもしれませんが、その保証はどこにも
ありませんし、ローンだけ残るようなことになれば踏んだり蹴ったりですよね。
ただし提携しているローン会社は、よく見かける消費者金融やサラ金のようなところではなく、
名の通ったクレジット会社や信販会社が多いので、その辺は安心かと思います。

しかし、結婚情報サービスに入会するときは、事前にローン利用についての説明をしっかり
聞いて、書面でもちゃんと内容を確認しましょう。
また、ローンやクレジットの勉強も十分にしておいた方がいいですよ。