<結婚費用の傾向と予算>

結婚費用の傾向と予算について解説。ウエディングを目指す二人に送る婚約、結納から結婚式、披露宴までの挙式、ブライダル情報です。
結婚費用の傾向と予算。婚約・結婚準備ガイド <ファニーキープスのブライダル情報>

幸せなふたりの婚約・結婚準備ガイド

結婚を考え始めたカップルのお役に立つ情報をお届けします。

婚約・結婚準備コンテンツ
結婚式までのスケジュール
プロポーズ(求婚)の方法
両親への挨拶と紹介
婚約のスタイルと方法
婚約披露パーティー

婚約記念品の選び方
婚約指輪の選び方
結納の日取りと形式
結納品のしきたりと準備
結納金と結納返し
結納に必要な書類
結納の費用とお礼
結婚式のスタイル
結婚費用の傾向と予算
結婚式、披露宴の日取り
仲人を依頼する
結婚式場・披露宴会場特徴
オリジナル・ウエディング
結婚式場の探し方
結婚指輪の選び方
結婚式場選びのポイント
海外ウエディングの方法
婚約・結婚指輪の割引特典

結婚式場、ウエディング、挙式、
披露宴、婚礼、新婚旅行の情報



結婚費用の傾向と予算

結婚費用には、@婚約にかかる費用、A挙式や披露宴にかかる費用
B新婚旅行の費用、C新居や家具、生活用品などの新生活準備費用
などがあります。
最近の調査結果では、これらを全て含めると、平均額は約740万円
にもなるようです。
一時期、派手婚、ジミ婚という言葉が流行りましたが、自分たちの
結婚式がジミ婚だと思っている人の場合でも平均で約495万円、派手
と思っている場合は900万円近くにものぼっています。
普通の結婚式を挙げようとしても、かなりのお金がかかります。


●結婚費用のかけ方

どれくらいの結婚費用を準備できるかはケースバイケースですが、
予算を立てる場合は、どこにどのくらいお金をかけるか、良く検討
する必要があります。
例えば、結婚総費用のうち、金額的に最も大きいのが挙式・披露宴
の費用です。平均で約300万円におよび、結婚総費用全体の約半分を
占めます。

挙式・披露宴といっても、内容や規模はさまざまです。
結婚式場は使わずにシンプルに人前式で挙式して、披露宴は会員制
のパーティという形式にすれば、かかる金額は少なくて済みますが
一流ホテルや式場の大宴会場を使ってお客様をたくさん招くとなる
と、相当な金額がかかります。

実際、ホテルや結婚式場などのパンフレットを見ても、200万円、
300万円という数字が記載されています。
それをもとに、だいたい金額がいくらかかるか算出し、予算を超える
金額になってしまったら、イメージやプランを考え直しましょう。

最近は、レストランウエディングなど、形式にとらわれず、比較的
低予算で結婚式を挙げるカップルも増えてきましたが、結婚式の予算
を立てるときは、自分たちにとって何が大切で、どんな結婚式にした
いのか、二人で相談する必要があります。
そして従来の結婚スタイルにこだわらず、限られた予算の中でどこに
一番ポイントを置くのか、優先順位をつけて予算配分しましょう。


●結婚費用の捻出方法

基本的には自分たちで結婚費用を用意すべきでしょう。
用意できるお金が少なくても、その範囲内で挙式・披露宴を行ない、
住まいや家具なども、現在使用しているものを活用して、必要最小限
のものだけを購入し、あとは少しずつ買い足していくようにします。
親が資金援助を申し出てくれた場合でも、できるだけ自分たちで出し
合い、親には、どうしても足りない分だけ補ってもらうようにした方
が良いでしょう。

問題になるのが、男女のどちらが、何をどれだけ負担すれば良いかと
いうことです。
最近は、挙式・披露宴費用と新婚旅行費用は双方の折半とし、結婚
衣装代などはそれぞれが負担することが多いようです。
また新居に関しては、住居を借りる場合の資金は男性側、家具や電化
製品、生活用品などは女性側が負担するケースが一般的です。
ただしお互いの経済力なども考慮し、二人でよく話し合って負担する
割合を決めた方が良いでしょう。

現在当社にて、大手有名ショップの婚約指輪・結婚指輪・
ブライダルジュエリーの優待割引券を差し上げています!
ご応募はこちら⇒
特別ご優待割引券プレゼント


>>結婚相談ファニーキープス・ホーム