<仲人を依頼するとき>

仲人を依頼するときについて。ウエディングを目指す二人に送る婚約、結納から結婚式、披露宴までの挙式、ブライダル情報です。
仲人を依頼する。婚約・結婚準備ガイド <ファニーキープスのブライダル情報>

幸せなふたりの婚約・結婚準備ガイド

結婚を考え始めたカップルのお役に立つ情報をお届けします。

婚約・結婚準備コンテンツ
結婚式までのスケジュール
プロポーズ(求婚)の方法
両親への挨拶と紹介
婚約のスタイルと方法
婚約披露パーティー

婚約記念品の選び方
婚約指輪の選び方
結納の日取りと形式
結納品のしきたりと準備
結納金と結納返し
結納に必要な書類
結納の費用とお礼
結婚式のスタイル
結婚費用の傾向と予算
結婚式、披露宴の日取り
仲人を依頼する
結婚式場・披露宴会場特徴
オリジナル・ウエディング
結婚式場の探し方
結婚指輪の選び方
結婚式場選びのポイント
海外ウエディングの方法
婚約・結婚指輪の割引特典

結婚式場、ウエディング、挙式、
披露宴、婚礼、新婚旅行の情報



仲人を依頼する

●仲人の役割の範囲

仲人といえば、挙式のときの介添え役で、高砂の席で新郎新婦の両隣
に座ってくれるご夫婦のこと、とすぐに思いがちですが、でも世話人、
仲人、媒酌人という違いがあります。

世話人というのは、お見合いの全てをお世話してくれる人のことで、
結納を交わす前までの仲介役です。
仲人は、結納から挙式、披露宴までを取り計らい、受け持ってくれる
人のことです。
媒酌人というのは、挙式当日の立会いをしてくれる人のことです。
頼まれ仲人とも言います。
もちろん、結納のときの仲人に挙式当日の媒酌人も兼ねていただくの
がベストでしょう。

また、縁談の仲介からお見合い、婚約、挙式、披露宴まで婚礼にかか
わらる全ての過程に立ち会う人のことを本仲人と言います。


●仲人の適任者とは?

仲人さんを誰にお願いするかは結婚を決めたカップルにとって、大き
な選択です。
一般的な基準からすると、
@円満な家庭を営んでいる夫婦
Aある程度社会的立場があり、信用がおける人
B広い教養と常識を備えている
C誠実な人柄
D若い人の考えも理解し、相談に乗ってくれたり、指導してくれる人
というのが理想です。

ご両親の見栄で、どこかの会社の社長や議員の方などにお願いすると
いう話も聞きますが、できれば当人たちを良く知っている人が適任と
思われます。
内面性を重視した人選を心がけましょう。
一般的に仲人、媒酌人は男性側の会社の上司や学校時代の恩師、親族や
両親の知人などに決まることが多いようです。


●依頼するときのポイント

仲人をお願いするときは、まず手紙か電話で二人の気持ちを伝えます。
仲人にはいろいろな面で負担をかけることになりますので、即答を
求めたりしないようにします。
手紙や電話では相手の意向を伺う程度にとどめ、先方から承諾の返事を
得られたら、本人たちが直接出向き、正式に依頼するのがマナーです。

仲人は二人のことを良く知っている人に頼むのが理想ですが、どちらか
一方としか面識がないというケースもあると思います。
そのようなときは、相手の人柄や婚約までの経緯を説明して、理解して
もらうようにします。

また、挙式、披露宴の媒酌人も依頼する場合は、媒酌人は列席者に対し
て新郎、新婦を紹介するのが慣例ですから、二人の履歴書や身上書を
渡しておくと良いでしょう。

現在当社にて、大手有名ショップの婚約指輪・結婚指輪・
ブライダルジュエリーの優待割引券を差し上げています!
ご応募はこちら⇒
特別ご優待割引券プレゼント


>>結婚相談ファニーキープス・ホーム