<両親への挨拶と紹介>

両親への挨拶と紹介について解説。ウエディングを目指す二人に送る婚約、結納から結婚式、披露宴までの挙式、ブライダル情報です。
結納金と結納返し。婚約・結婚準備ガイド <ファニーキープスのブライダル情報>

幸せなふたりの婚約・結婚準備ガイド

結婚を考え始めたカップルのお役に立つ情報をお届けします。

婚約・結婚準備コンテンツ
結婚式までのスケジュール
プロポーズ(求婚)の方法
両親への挨拶と紹介
婚約のスタイルと方法
婚約披露パーティー

婚約記念品の選び方
婚約指輪の選び方
結納の日取りと形式
結納品のしきたりと準備
結納金と結納返し
結納に必要な書類
結納の費用とお礼
結婚式のスタイル
結婚費用の傾向と予算
結婚式、披露宴の日取り
仲人を依頼する
結婚式場・披露宴会場特徴
オリジナル・ウエディング
結婚式場の探し方
結婚指輪の選び方
結婚式場選びのポイント
海外ウエディングの方法
婚約・結婚指輪の割引特典

結婚式場、ウエディング、挙式、
披露宴、婚礼、新婚旅行の情報



両親への挨拶と紹介

●両親へ会わせる前の準備

二人の気持ちが結婚へと固まったら、まずお互いの両親に相手を紹介
することから始めます。
両親は自分の子どもがどんな相手を選ぶのか、期待と不安が入り混じ
った複雑な心境のはずです。
何の前触れもなく相手を連れてきて「この人と結婚するから」という
のでは、突然のことに動揺してしまい、上手くまとまる話もこじれて
しまう可能性があります。

前もって真剣にお付き合いしている相手がいることをさりげなく伝え
、親にも心の準備をしておいてもらいましょう。
できれば交際中から相手の情報を少しづつでも与えておいたほうが、
親としても安心するはずです。

順序としては、まず男性側の両親に女性の紹介を兼ねて結婚の意思を
伝え、その後に女性側にも伝えます。
その前には、それぞれ自分の親に、相手の名前や年齢はもちろんのこ
と、職業、学歴、趣味、家族構成などの情報を与えておきます。
簡単に便箋などに書いて二人で交換しておいてもいいでしょう。


●両親への挨拶

突然訪問するのではなく、挨拶に伺う日時を決め、あらかじめ伝えて
おきます。
その際は両親の都合を優先し、早朝や食事時、忙しい時間帯は避ける
ようにしてください。

当日は、服装や化粧、持ち物などの身だしなみに注意を払い、印象が
悪くならないように心がけます。
直前に髪型、髪の色、ヒゲ、マニキュアなどを点検してください。
ラフな服装、派手なメイクは避け、清潔感を出しましょう。

高価なものでなくても手土産は持参します。
印象が違いますし、最初の話の切り口にもなります。
どこかの名産品などであれば喜ばれると思います。

普段は甘く呼び合っていても、両親の前では互いの名前に「さん」を
つけて、馴れ馴れしくならないように注意しましょう。
相手の両親の事は「お父さん、お母さん」で良いと思います。

両親の話はできるだけ聞き役に回り、質問にははっきり答えます。
また自分の考えや将来のビジョンなどもしっかりと伝え、誠意ある
態度を示しましょう。

時間が経ち緊張も解け、両親に親しみを感じたとしてもくだけすぎ
ないようにしましょう。
最後まで敬語やマナーは忘れないようにしてください。


●双方の親同士の紹介

双方の親が子どもの結婚相手に会ってOKしたのなら、次は双方の
親を紹介し合います。
これから親戚付き合いが始まるのですから、相手の親のことはとて
も気になるはずです。
正式に婚約する前に、どちらかの家か料亭、レストランなどで食事
を兼ねて会っておくといいでしょう。
お店で会う場合、必要な経費については両家で折半します。

また、結婚するにあたり将来出てくるような問題があれば、早いう
ちにきちんと話し合って解決しておくようにします。
結婚後の親との同居の必要性、婿養子でなくては困るという話、
今は会社勤めだが、いずれは家業を継ぐ予定である、持病を持って
いる、などの事情は結婚話が進んでから持ち出すと「それでは話が
違う!」ということにもなりかねません。

これらのことは互いにしっかり確認し、二人で問題を解決したうえ
で双方の親同士を紹介しましょう。
隠し事はせずに正直に話したいものです。

現在当社にて、大手有名ショップの婚約指輪・結婚指輪・
ブライダルジュエリーの優待割引券を差し上げています!
ご応募はこちら⇒
特別ご優待割引券プレゼント


>>結婚相談ファニーキープス・ホーム