<婚約のスタイルと方法>

婚約のスタイルと方法について解説。ウエディングを目指す二人に送る婚約、結納から結婚式、披露宴までの挙式、ブライダル情報です。
結納金と結納返し。婚約・結婚準備ガイド <ファニーキープスのブライダル情報>

幸せなふたりの婚約・結婚準備ガイド

結婚を考え始めたカップルのお役に立つ情報をお届けします。

婚約・結婚準備コンテンツ
結婚式までのスケジュール
プロポーズ(求婚)の方法
両親への挨拶と紹介
婚約のスタイルと方法
婚約披露パーティー

婚約記念品の選び方
婚約指輪の選び方
結納の日取りと形式
結納品のしきたりと準備
結納金と結納返し
結納に必要な書類
結納の費用とお礼
結婚式のスタイル
結婚費用の傾向と予算
結婚式、披露宴の日取り
仲人を依頼する
結婚式場・披露宴会場特徴
オリジナル・ウエディング
結婚式場の探し方
結婚指輪の選び方
結婚式場選びのポイント
海外ウエディングの方法
婚約・結婚指輪の割引特典

結婚式場、ウエディング、挙式、
披露宴、婚礼、新婚旅行の情報



婚約のスタイルと方法

結婚を約束したことを周囲の方々に知っていただくのは、ケジメと
いう意味でも、結婚して新しい生活を営んでいくという二人の決意
と覚悟を深めるためにも意義のあることです。
両親、二人を結びつけてくれた仲人さんや友人、お世話になった方
にも婚約を報告し、自分たちの意思を形にして結婚への第一歩を
踏み出しましょう。


●婚約を公表する

「婚約」とは文字通り結婚の約束をすることです。
二人の間で「結婚しよう」と口約束を交わしただけでも、立派に婚約
が成立します。
しかし、結婚によって新しい家庭を築いていくことは二人だけの問題
ではなく、社会的なことにも深い関わりがありますので、親戚や友人
会社の上司など周囲の方々に婚約をオープンにすることにより、約束
もより確かなものとなって、結婚に向けての二人の自覚もきっと深ま
るはずです。
それに、せっかく結婚するなら、多くの人から祝福されたいもの。
お互いの結婚の意思が固まったら、婚約を公表すべきでしょう。


●婚約をオープンにする意味

婚約をオープンにすることには別の意味もあります。
結婚を約束したときは「この人と一緒に生きていこう」とお互いに
思っていたとしても、婚約期間中に、何らかの理由で婚約を解消し
なければならないことが起こるかもしれません。

万が一、一方的に婚約を解消されたり、婚約不履行になったりした
場合に婚約をオープンにしていれば、その場にいた第三者が二人の
婚約を認めていたという証人になり、損害賠償などを請求すること
も可能なのです。
もし、そのような事態になったとき、二人の間の口約束だけでは
法律的に婚約の事実を認めてもらえず、解消されてしまったほうは
辛い思いをするだけです。

もちろん結婚に向けてのハードルを二人で一つずつ越えていく決意
を固めるのが、婚約を公表する本来の目的には違いありません。


●婚約の形と表し方

@結納
 婚約がための形で昔から受け継がれている儀式です。
 結納品や結納金を取り交わします。

A婚約式
 教会で結婚式を挙げる場合などに良く行われます。
 両親や知人など証人のいるところで結婚の約束をします。

B婚約記念品の交換
 婚約指輪など、婚約の証となるような品を交換し合うこと。
 進呈目録を添えるのが正式なやり方です。

C婚約披露パーティ
 婚約した二人が主催者となり、両家の両親や兄弟、友人などを
 招いてパーティを行ないます。

D婚約通知状
 婚約の発表を手紙やはがきで周囲の人にお知らせします。

現在では、@とA(それぞれにBを加えることも)を結納と呼ぶ
のが一般的です。
仲人が間に立ち両家の食事会を兼ねながら結納品や婚約記念品を
取り交わす形がもっともポピュラーな方法です。

現在当社にて、大手有名ショップの婚約指輪・結婚指輪・
ブライダルジュエリーの優待割引券を差し上げています!
ご応募はこちら⇒
特別ご優待割引券プレゼント


>>結婚相談ファニーキープス・ホーム